Welcome to my blog

書籍

【書籍購入】【20161211】→【20170301】スターツ数冊とハヤカワ数冊とusiさんワールド全開の「5秒後に意外な結末」など ・・・ 計12冊?

深緑の女魔術師です。

この記事は、
いつ投稿になるのやら・・・・

ってことで、
12月~3月頭までの
書籍購入分の紹介。


@12月11日購入分

スターツ出版
書名:15歳、終わらない3分間
著者:八谷紬さん



s_スターツ出版_15歳、終わらない3分間_八谷紬

未読
ずーっと読みたかった本です。
表紙見た瞬間に、おお!って感動しました。
わたしの大好きのusiさんの絵です。
さすがにいろんな絵を見てきたので、
見た瞬間にわかりますね。
というわけで、読むのが楽しみです。
これは、大事に読みたいので、
読む本がなくなったら読む予定です。


スターツ出版
書名:ひとりぼっちの勇者たち
著者:長月イチカさん



s_スターツ出版_ひとりぼっちの勇者たち_長月イチカ

未読
勇者たちっていうのが気になりますね。
いったいどんな話でしょうか?
結構楽しみです。



既読
さくっと読み終えてしましました。
お互いいじられっ子だけど、
負けん気のない女の子と気弱な男の子の
意思が入れ替わってしまう話。
途中の展開は良いのですが、
最後の終わり方がなんだか・・・
まぁ、すっきりした終わり方ですがね。


@12月下旬購入分(日付不明)

スターツ文庫
書名:笑って。僕の大好きなひと。
著者:十和さん



s_スターツ文庫_笑って。僕の大好きなひと。_十和

1月9日現在読んでます。
いきなり暗い感じで開始で少し楽しみ。
ざっくり書くと、
幼馴染?の男の子を高校で知り合った友達に、
奪われて、居場所を失った女の子が、
自分の居場所を探しに行く話。
最初に、自分の居場所を作るために、
ついた嘘が最終的にどうなるやら・・・

ってことで、執筆現在
既に読み終えました。

ラストの展開はやばいね。
少年が双子だったり、
最後にすべてが繋がって
すごい感動しました。


スターツ文庫
書名:春となりを待つきみへ
著者:沖田円さん



s_スターツ文庫_春となりを待つきみへ_沖田円

未読
僕は何度でも、きみに初めての恋をする。
、一瞬の永遠を、きみと
と、3冊目の沖田円さんの本です。
どっちも楽しかったのでこれも楽しみ。
ちなみに、ジャケットは変わらずの「カスヤナガト」さんみたいです。
最近、この人のジャケットをチラホラみるので、
他の文庫も読んでみる??



既読。
ワケあって、地元を捨てて遠い地で暮らす女の子の話。
そこにひょっこり現れた男性と不思議な生活を送る話。
その少年の正体を知ったときの衝撃と言ったら・・・
スターツ全般が若い話ですが、
沖田円さんは結構大人の話が多くて、
好きですね。
次回作も楽しみです。


@1月8日購入分

ハヤカワ文庫
書名:美亜へ送る真珠
著者:梶尾真治さん



s_ハヤカワ文庫_美亜へ送る真珠_梶尾真治_

未読
ハヤカワ文庫でよく見かける
梶尾真治さんの短編集です。
10年以上前?の復刻版らしいです。
と言っても、
梶尾真治さんの本はあんまり読んだ記憶なし。
(過去になんか読んだことはあるはず)
短編集なので、暇見つけて読みたいですね。



既読。
梶尾さん楽しいですね。
中でも、遡行人の話がやばい好きでした。
海を見る人に通じる感じでした。


ハヤカワ文庫
書名:黒豚姫の神隠し
著者:カミツキレイニーさん



s_ハヤカワ文庫_黒豚姫の神隠し_カミツキレイニー

未読
ガガガ文庫?で小説を書いている方みたいです。(まだ出てる?)
故に、ラノベ系の方ってことですかね。
にしてもタイトルが特徴的ですね。
作者名もカタカナ表記で惹かれますが。
これも楽しみです。



既読。
まさかの1日読破(笑)
そんぐらいストーリが楽しかったです。
沖縄の離島話で、黒豚様を崇拝する島の話。
崇拝?っていうとあれかも・・・
突如現れた転校生と島の伝統の謎を解き明かすストーリ。
最後の展開も涙涙で・・・
最後の雰囲気は、
ちょっと世界観はなんだか千と千尋っぽいです。
違う作品みたいですね。


学研
書名:5秒後に意外な結末
著者:桃戸ハル(usi)さん



s_学研_5秒後に意外な結末_桃戸ハル(usi)

未読(5話読んだ)
というわけで買っちゃいました。
usiさんの絵!ってだけで惹かれてました。
これとは別に5分後シリーズの絵も担当してますが。
5秒とあるように、基本2ページの超短編集。
その短編の数はなんと100話!
100話×2ページ にそれぞれに、
usiさんの素敵な挿絵が書かれてます。
これだけで、買うに十分でした。
ゆっくり自宅で読みたいと思います。
(ハードカバー故に、外では読みづらい)


1月25日購入分

ハヤカワ文庫
書名:サイコパス ジェネシス4
著者:吉上亮さん



s_ハヤカワ文庫_サイコパスジェネシス4_吉上亮

未読。
待ちに待った新作です。
これは大変楽しみなので、
ストック切れそうになったら読む予定。
ってか、前回から結構空いたので、
1個前を先に予習予定です。

2017年3月1日購入分

スターツ出版
書名:僕らの空は群青色
著者:砂川雨路さん



s_スターツ出版_僕らの空は群青色_砂川雨路

未読。
スターツストックが残り1個だったので、
嬉しい新作なので楽しみです。


スターツ出版
書名:あの頃、きみと陽だまりで
著者:夏雪なつめさん



s_スターツ出版_あの頃、きみと陽だまりで_夏雪なつめ

未読。
こちらもスターツです。
久々なタイトルが『きみ』です。
切なそうで今から楽しみです。


ハヤカワ文庫
書名:壁と孔雀
著者:小路幸也さん



s_ハヤカワ文庫_壁と孔雀_小路幸也

未読。
400pと読み応えありそうな厚みです。
あまり読まらないタイプっぽいけど楽しみです。

ハヤカワ文庫
書名:異世界とピクニック
著者:宮澤伊織さん



s_ハヤカワ文庫_異世界のピクニック_宮澤伊織

未読。
なんだか面白そうな作家さんです。
リアルに読むのが楽しみです。


#途中ほかにも買ったけど、
 それは後日・・・

以上。

関連記事
スポンサーサイト
最後まで読んでくれてありがとう!

拍手うれしいです・・・

 
深緑の女魔術師スターツ出版ハヤカワ文庫学研usi小説

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply