Welcome to my blog

WindowsPhone

【マウスコンピュータ】MADOSMA Q601をダイレクトショップにて買ってきました!ってことで開封の儀!? って最初の感想は「キムワイプ再来!?」

深緑の女魔術師です。

仕事終わりに、
秋葉原のダイレクトショップにて購入してきました。

残念なことに、
以前ほど、WindowsPhone(WindowsMobile)の需要はないらしく、
普通に在庫がありました。

内心、予約すればよかった・・・
と、すごーく後悔してました。

やや残念なことに、
前回みたいに、ノベルティグッズはもらえず・・・
(前回は、いろいろもらいました)
(店員さんによるかもしれません)

開封!



とりあえず、箱の画像
s_WP_20160728_20_17_12_Pro_マウスコンピュータ_Q601開封の儀

件名の通り、キムワイプ再来です(笑)

キムワイプってなんぞや??
おそらく、理系の物理、化学系なら知ってるようなものかと。

ググればわかるけど、
なんとなくそんな感じの箱です。

いや、嫌みはないです。
ただ、白に緑だとそーしか見えないです。

せっかくなので、
マウスコンピュータの袋の上で
再撮影!

s_WP_20160728_20_18_59_Pro_マウスコンピュータ_Q601開封の儀

以前書いたように、袋は青です。
初見、黄色(オレンジ?)では?

って思ったのですが、
ロゴが黄色(オレンジ?)のため、
それを生かすためな青となってます。

布製で結構お気に入りです。
(職場のエコバックに使ってます)

というわけで、
さくっと開けて、展開してみる。

s_WP_20160728_20_21_40_Pro_マウスコンピュータ_Q601開封の儀

中身は・・・
・本体
・保護フィルム(Q501と違い、手動でつける必要あり)
・USBケーブル(TypeC)
・USB電源(USB刺すアダプター)
・取説
・nanoSIMアダプター
・SIMリリースペン

本体は、前回と違い
手動で保護フィルムを張る必要があります。
っても、ゴリラガラス故に、
張らなくてもそこまで問題はないと思う。
(自分はたぶん張るけど)

実際張ってみましたが、
とっても張りづらいです。
というのも、液晶サイズぴったりなため、
張るのがかなり難しい・・・
風呂場で何度か試したゆえに、
ほこりが入るという、最低な結果。

というわけで、捨てました。

素直に、ガラスフィルムを買って張ります。
おそらく、明日にでも買います・・・
と思ったけど、まだないっぽい・・・

また、USBとつなぐ口がUSB Type-Cとなってます。
すでに既存品ある方は問題ないと思いますが、
人によっては持ってないと思いますので、
付属してるのはうれしいですね。
(自分は、持ってませんでした(笑))

次いで、SIMおよびSDカードを
入れるスロットを開放するための
リリースピンが付属してます。
(端末横の穴をこれでつつくだけ)

ちなみに、Q501と大きく違うのは、
背面カバーが外せない仕様です。
Q501は背面カバーを外して、
電池、SIM、SDカードを装備してました。

まぁ、これは人それぞれですね。
人によっては、外せるほうが良いと思うし、
人によっては、外さないとSD付け替え不可を
不便に思うだろうので・・・

付属アイテムについては、以上ですね。

で、実際持ってみると
やはり大きいと感じます。

が、自分の場合、
FonePadという6インチのスマートフォンを持っているため、
正直なところ、気にならなかったです。

実際並べたみた
s_WP_20160728_20_26_25_Pro_マウスコンピュータ_Q601開封の儀

左がMADOSMAQ601で、右がFonePad6です。

実際、FonePadよりやや小さいです。
また、当然のように薄いです。
故に、深緑的には小さい!
という、普通ではありえない錯覚に陥りました・・・

まぁ、箱とか中身はどーでも良い!

ってことで、起動!

Q601起動!



って、すでに上の画像で起動してますが・・・

起動後にすることは・・・
1.言語設定
2.日付、時間合わせ
3.Wi-FiまたはSimの設定
4.アカウント設定
5.アプリの初期化
6.起動

2~4の順番が間違ってるかも・・・・
1~4については、後で設定可能。

ま、特に問題はないかと。

実際起動すると、すごいきれいです。

とりあえず、わたしが必要な初期設定を行います。

1.タッチバイブレーション解除

デスクトップの歯車マーク(設定)より、
Extrasより、タッチを選択。
ここで、タッチ振動を無効可にできます。
(今回は最初からありました)



2.スタート画面(デスクトップ)のタイル数を増やす

デスクトップの歯車マーク(設定)より、
パーソナル設定→スタートを選択。
ここのタイル数を増やすがあるので、有効可。
これで、スタート画面のタイルが横に4つ置けるようになります。



3.ロック画面のパスワード設定

同パーソナル設定より、ロック画面を選択。
そこのサインオプションより、パスワード等を設定可能。
併せて、その他もPINよりサインイン設定しておくと、
今後が楽になるかと。


ざっと触った感じ。
Q501をそのまま6インチにした感じなので、
操作としては問題ないです。

っても、いろいろ変わってますが・・・

まず、電源ボタンおよびボリュームボタンがやや下になりました。
本体をどう持つか次第だけど、
同じように持つと、おそらく下に感じます。
まぁ、これはなれでしょう。

次いで、ディスプレイのボタンが、
(Windowsボタンや戻るボタン)が、
液晶と一体化しました。
(この仕様のスマートフォンを持ってないので、
 正直なところ、いいか悪いか不明)

また、充電用のUSB口が画面下になりました。
下ってなんかいやんですよね・・・

ほかにも書くことありそうなんだけど、
とりあえず、触って思ったことはそんなところ。

とりあえず、保護フィルムとアカウント設定を行おうと思います。

以上。


関連記事
スポンサーサイト
最後まで読んでくれてありがとう!

こんなブログですが、
クリック応援はすごい励みになるので大歓迎です!

   
深緑の女魔術師マウスコンピュータMADOSMAWindowsPhoneQ601

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply