Welcome to my blog

書籍

【201510ー02】→【201605ー01】【書籍】記憶のある、購入書籍と購読状況・・・

深緑の女魔術師です。

方針的に未紹介はイクナイ…

ってことで、紹介。

10月頃

・小説家の作り方
どんな本だと思ったら、ロボットだったというお話。
展開もおもしろかったです。

・舞面真面とお面の女
野崎まどが続きます。
これも不思議なお話で楽しかったです。

・野崎まど劇場
連載してるらしい、短編集。
挿し絵込みで、素直に楽しい一品。
アムリタやらベストフレンド後だと、作者はこーゆう人??
っていう疑問があるかも。

・野崎まど劇場(笑)
上記の続編。
正直、前巻の方が楽しい。
早川からの没ネタは必見有(笑)

・ココロギ丘から木星トロヤへ

未読。
第六大陸を送る、楽しみな本。

・世界の涯ての夏

1月頃読みました。
3つの違うひとびとの話がとにかく楽しかった。
(正確には二人ですが)
良くまとまっており読みやすかったです。

・楽園残響
まさかの続編(笑)
前回はベタな展開だったけど、読みやすい本だったので購入。
で、読み終えましたが前作より楽しかったです。
世界観が全面に出されており、楽しかった。
ラストのセリフがぐっときましたね。
『わたしがふたり必要だったんでしょ?』
ふと、メモリと言う世界観から小林よしみ?を思い出しました。

・富士学校まめたん研究分室

実は買ってなかった。
ってことで、芝村さんなので、併せて購入。
で、先日読み終えました。
軍事的な話が主体ながら、理系女子の色恋沙汰あったりと楽しかったです。
最後のまめたんを起動して戦うところに少しぐっときました。
パスワード入力とか特にね(笑)

・θ 11番ホームの妖精 アクアリウムの人魚たち

待望の新刊!(当初は12月発売)
前作のせいで、すっかり好きになってました。
スワロウテイルズの最後の方にも、少し出現したりで、作者愛があるのかな??
靖国に会おう的な表現から、なんだか好きになったんですよね…
3月頃読んで楽しかったです。


・深紅の碑文 上下巻

待望の文庫版!
先日、特別な記事で書いたくらい楽しみな2冊。
合わせて1000ページほどあったりと大変楽しみ。
前作はここで終わるの!?って感じだったので尚更だよね。
これは4月の頭に読破!
青済さんがかっこよすぎでした…
にしても、続きあるのね。。。

・ノノノ・ワールドエンド
同じ日ってことで、購入。
ハヤカワ文庫には珍しく挿し絵があります。
ええ、過去にハヤカワで挿し絵があるケースは激レアだと思ってます。
へんたてのような図は希にありましたが…
これはさくっと読み終えて、楽しかったです。

・psychopass genesis3
待望の続編!
ただ表紙のキャラ名からピンと来ておりません…
ああ、原作下巻の最後に出てくるひとかな?
名前を忘れた主人公?の女の子と同じ感じで監視官になるひと??
時系列があれだったけど、楽しかったです。

・ただし少女はLV99
・LV98少女の傾向と対策
・もしかして彼女はLV97

USIさんの絵ってことで購入。(リライブシリーズの表紙のひと)
さらにタイトルからのジャケ買い。
いや、こんなタイトル見たら買うでしょ?
中身は和装魔法少女と愉快な精霊?神様?たちとの短編集。
なかなか楽しかったです。

・ぷよぷよ サタンのスペース遊園地

ぷよ好きなのに、発売日を知らないとか…
大変遅れて購入して即読みました。
ルルー様に尽きる楽しい話でした。


・セルフクラフトワールド02

待望の続編!
芝村さんめっちゃ楽しいです。
現在、かみしめながら読んでます。

・クロニスタ戦争人類学者
早川の新刊なので購入。

・官能と少女
同じく新刊なので購入。
短編集らしい。

書いてみると、あんまり買ってないね。。。

ちなみに、マンガは現在
・コトノバドライブ
・ひまわり!それからのだいすき
・凪のあすから

のみ購入

・パラダイスレジデンスは終わってしまったため・・・

以上。

関連記事
スポンサーサイト
最後まで読んでくれてありがとう!

拍手うれしいです・・・

 
深緑の女魔術師小説

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply